カツラ、それとも育毛?

2007年05月02日

カツラーよ、威風堂々と

カツラにまつわるエピソードってほんと多いよね。

今度は人から聞いた話やラジオで聞いた話じゃなく、実際に体験したこと。その人帽子感覚でカツラ付けてた。通勤時にはカツラちゃんと付けてるんだけど、仕事でヘルメット被らなければならないから、会社にきたら、素頭に。

社員食堂ではヘルメットとるから、ハゲ丸出し。でも、堂々としてるんだから、誰も陰口叩かない。これなら、周りも気を遣わなくてすむし、ある意味理想的。でも、本人どういう気持ちでカツラ付けてるんだろう。理解に苦しむなあ。

これが最後。勇気のいるカツラーからの脱却。これは辛かった。一見しただけでカツラとわかる代物付けてるんだもの。ヘルメットのようなごついやつで、しかも毛の一部が茶色に変色してる。ここからが地毛との境界ですっていってるようなもの。

目のやり場に困る、こういうのは。その人ある日突然、カツラを外した。その時もまた視線の持っていき場に困った。でも、最初のときだけ。その後は以前と同じように接することできるようになった。

カツラのことはお互いに一度も口に出さなかったけど、解放された気分だったね。多分相手も同じ気分だっただろうな。
posted by 管理人 at 18:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。